ヒアロディープパッチ 類似品

ヒアロディープパッチ 類似品

「類似品なら安い方を選択したい」「類似品なら効果のある方を選びたい」どこを必須にするかは個人によって異なりますよね。一例を挙げればテレビ番組でダイエットに成果のあるアイテムが解説されると、瞬く間にその商品は品切れとなり凄い勢いで類似品が店頭に並ぶなんてこともありますよね。

 

例えば洋服も多くのブランドが一斉に似たアイテムを提供する事も少なくありません。
流行によって重なるところがあるところと、あきらかにあるブランドを真似て作っているものなどもありますよね。

 

ヒアロディープパッチは人気のある目元ケアシートのひとつですが、それゆえにやはり類似品があります。
ヒアロディープパッチの特徴を踏まえたうえで、どのような類似品があるのかみてみましょう。

 

どっちが先に商品を発売したのかを気にする人はあまりいないのですが、雑誌に載っている事が多い、あるいは広告の多さによって、選ぶケースが多々あるのではないでしょうか。

ヒアロディープパッチの類似品は?

ヒアロディープパッチといえば、なんといってもパッチ上の極小レベルのヒアルロン酸の針で有名です。
医療現場の技術をもとに作られたものがヒアルロン酸二ードルであり、その大きさはなんと!200マイクロメートル。

 

ヒアロディープパッチには、画鋲を逆さまに並べたニードルが敷き詰めてあって、肌に直接のせる事で内側に染み渡るため、シートを剥がすとニードルがへこんでいる事がわかります。

 

使用感としては、針みたいに突き刺さるような痛みじゃなくて、貼った直後にチクチク感があります。
ヒアロディープパッチにはこんな特色がみられますが、類似品はどんな感じでしょう。

 

スパトリートメント HAS マイクロパッチ

目元や口元に使えて、自宅でもエステ並みのケアが可能なアイテム。
針は250マイクロメートルの長さで、分子がもっと小さい加水分解ヒアルロン酸Naとなっていて、無添加処方です。

 

ダーマフィラー

目元の小ジワや乾燥対策のアイテムで、雑誌でもとりあげられ売り上げを伸ばしています。
医薬品用の最先端の溶解型マイクロニードルで表皮の内側にヒアルロン酸を浸透させます。

 

高分子ヒアルロン酸は国産のもので、刺すような感覚のない形状や本数といった点にこだわって作られています。
ヒアロディープパッチと違う点は、大豆に関するものが使用されていないことなど、使われている成分が異なっています。

類似品をチェックする視点

類似品を2つみてきましたが、使用方法、成分、価格などそれぞれ異なりますので、各々の販売サイトをみて比べてみるのもよいでしょう。

 

ヒアロディープパッチと類似品は合う方を選ぼう

 

ホームページを見比べてみると、それぞれ他社と異なる独特の観点があるようです。
しかし、仮に良い商品であっても、使い方や説明の仕方がわかりにくいと効果的に使用することができません。

 

そういう点では、ヒアロディープパッチは肌にとってのヒアルロン酸の重要性や、小じわが目立つ理由や対策方法、効果が出やすい使い方などをわかりやすく説明しています。

 

まとめ
この度は2つの類似品をチェックしてみましたが、とても似ているものもあるので迷ってしまうということもありますよね。
類似品であっても自分に合う商品を見つけることができれば、お顔の小じわ問題を軽減できるのではないでしょうか?